妊娠4ヶ月の双子の妊婦さんのお腹はどれくらいの大きさになるの?妊婦さんの体調はどうなの?

妊娠4ヶ月の双子の妊婦さんのお腹はどれくらいの大きさになるの?妊婦さんの体調はどうなの?

■双子を妊娠 4ヶ月目のお腹の状態は

 

 

喜びの妊娠から数ヶ月、
妊婦健診もなれたもので、エコーで赤ちゃんに会うのが待ち遠しい時期ですね。

 

 

この頃になると、子宮がメロン大くらいになり、
洋服の上からでもお腹がぽっこりしているのがはっきりしてきます。

 

 

周囲の人から妊婦さん認定される時期ですね。

 

 

そしてこのあたりから、ぐんぐんとお腹は大きくなりだします。
先週まで入っていた洋服がもうキツイ?
そんなことが起き始める時期です。

 

 

とくに双子の場合、お腹の張り出し方も大きいですから、
余裕を持って、マタニティウェアを用意しておきましょう。

 

 

きつい洋服や下着を無理につけていると、
血行が悪くなり、むくみや尿蛋白の数値が上がってしまいます。

 

 

また、急にお腹が伸びることで、
お腹や周辺の肌がピリピリと引っ張られる事があります。

 

 

そんな時はなるべく刺激の少ない洋服に着替えて、
お腹が何かに当たって摩擦が起きないようにしておくと楽になります。

 

 

そしてそういった刺激は肌を乾燥肌にしてしまう要因でもあります。
ピリピリした痛みを和らげるためにも、
保湿ケアを本格的に始めていっても良い時期でもあります。

 

 

■妊娠4ヶ月の赤ちゃんたちは?

 

 

大きくなりだしたお腹の中で、
赤ちゃんたちはどうしているのでしょうか。

 

 

まずは骨や筋肉が急成長し始めます。
大まかな体型から、きちんとした骨格形成がされ始めます。

 

 

骨や筋肉がしっかりしてくると、いよいよ赤ちゃんも活動開始です。
頭を回してみたり、今までは動かせなかった足が動かせるようになります。

 

 

また生殖器の形がはっきりしてくるので、
足が動かせるようになったタイミングで、
早い人は、性別がわかることもあります。

 

 

特に男の子の場合は判断が早いこともありますが、
時に女の子だといわれていたのに生まれたら男の子だった!
なんていうことも昔はあったようです。

 

 

つまりは、見えたら男、見えなかったら女の子?
という判断だったのでしょうね。

 

 

最近では白黒のエコー以外に3D/4Dエコーでの確認もできるので、
あまりそういった間違いはなくなってきたみたいです。

 

 

■ママの様子は?

 

 

どんどん成長する赤ちゃんを支えるため、
ママも色々と変化していきます。

 

 

まず、つわりが治まり始めます。
完全になくなる人もいれば、軽減するだけの人もいますが、
一区切りはありそうな時期です。

 

 

食欲が戻りだすと、今後は子宮が大きくなるので、
膀胱が圧迫されて頻尿に悩むようになります。

 

 

この頻尿が結構クセモノで、仕事をしているママに特におおいのが、
トイレにいくのを嫌がって水分を控える、トイレを我慢する。

 

 

このせいで膀胱炎になったり、
代謝が落ちてむくみがひどくなったりします。

 

 

そして水分不足で起こるのが肌の乾燥ですね。
乾燥肌は妊娠線を出来やすくしてしまうので、
面倒臭がったり、恥ずかしがったりしないで水分補給をしっかりしましょう。

 

 

また、双子ママの場合、お腹の大きくなり方も早いので、
着る服やつける下着も迷うところです。

 

 

ただし前にも言った通り、締め付けることでむくみやすくなるので、
すこしでも違和感を感じたら、ゆとりのあるものに着替えましょう。

 

 

締め付けはむくみだけではなく、心理的ストレスにもなります。
リラックス出来るものを用意しておきましょう。

 

 

■単胎妊娠と多胎妊娠の違い

 

 

妊娠5ヶ月からは、一般的には安定期とよばれる時期になります。
単胎妊婦さんの場合、ここでまず一区切りということですね。

 

 

しかし多胎妊婦さんの場合、
「ここまでくればひとまず安心」という時期がありません。

 

 

むしろ妊娠の月齢が進むに連れて、
妊娠の継続リスクは高くなっていくともいわれています。

 

 

単胎妊娠での赤ちゃんは3000グラムくらいでの出産が一般的ですが、
双子で2500グラム弱、三つ子以上になると2000グラム持たすことが大変。

 

 

限られた空間で赤ちゃん同志がぶつかり合いながら成長する。
しかもある程度の大きさまでお腹の中でしっかりと育てる。

 

 

多胎妊婦さんの負担とは、相当なものになります。

 

 

だからこそ、子宮という狭い空間で赤ちゃんたちは、
ギリギリまで大きく成長して生まれてくるわけですから、
ちょっとしたことが大事故になりかねないわけですね。

 

 

そして出産してからも大変です。
一人育てるのもおお仕事で育児ノイローゼなんて病気があるほどなのに、
それが一度に二人を育てなくてはいけないわけですからね。

 

 

・お腹がぽっこりと目立ちだす
・つわりが収まり食欲が戻りだす
・双子妊婦さんに安定期はない

 

 

愛情を半分こではなく、愛情を二倍注げる妊婦さんのところに、
双子の赤ちゃんはやってくるなんていわれます。

 

 

その愛情を、妊娠中から十分に溜めて、
お腹にいるうちからたっぷり注いであげてください。

 

 

安定期はありませんが、その分自分のペースでゆっくりと
お腹の赤ちゃんたちと向き合ってあげてください。



後悔しないためにも妊娠中にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ニベアとか普通の保湿クリームで大丈夫でしょ。」
「西松屋やマツキヨの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし はっきりいって運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。


キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・


その点@コスメでも人気のベルタの妊娠線クリームなら初回500円から始められるので始めやすいです。

>>初回500円から始める妊娠線予防クリーム






ともかく 妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。







ぜひ 妊娠初期 から始めてみることをおすすめいたします!







>>産んでからでは遅いかも!?後悔しない妊娠線予防クリーム