妊娠線予防クリームと体重コントロールで双子ママでも妊娠線予防できる!

妊娠線予防クリームと体重コントロールで双子ママでも妊娠線予防できる!

■双子を出産予定、妊娠線予防クリームは何を基準に選ぶ?

 

 

妊娠線は、妊婦さんにはついてまわるお悩みですよね。

 

 

妊娠線が出来てもお腹の赤ちゃんには影響ありません。
でも出産後、海やプール、露出のある服などは躊躇しますよね。

 

 

そこで妊娠線予防として使うのが「予防クリーム」です。
妊娠線をできにくくしてくれる効果のあるクリームですよね。

 

 

いろいろな種類がありますが、
高価=効果ではないのことは、すでにご存知の人もいるかも知れません。

 

 

では、価格で判断出来ないのであれば、
何を基準に選んだらいいのでしょうか。

 

 

まずは、肌に合うものですよね。
どんなに口コミが良くても、自分の肌に合わなければ無意味です。

 

 

テスターで手首などの塗ってみて、
香りが嫌じゃない、刺激が少なく赤身もないものを選びましょう。

 

 

他には、伸びのいいもので浸透力のいいものがいいでしょう。

 

 

硬いと塗るときに肌に刺激を与えて悪影響ですし、
浸透力の弱いものは本当にほしい部分へ効果が届かないのではやはり無意味。

 

 

あとは成分が無添加の天然成分であること。

 

 

やはり妊娠中ということで、
肌からの吸収で赤ちゃんへの影響は気になります。
無添加の天然成分は、その点心配がなくなりますよね。

 

 

■妊娠線予防の重点箇所

 

 

妊娠線予防のクリームの選び方はなんとなくわかったと思います。
では、実際に効果的な使い方はどうでしょうか。

 

 

まずは、塗るべき場所です。

 

 

妊娠線というとお腹に出来るイメージですが、
実は全身にできる可能性があるのです。

 

 

お腹はもちろん、その周辺の脇、足の付根、太もも、腰回り。
そして胸、脇、腕、鎖骨周りにも。

 

 

ということで、妊娠線予防のクリームは、
全身にしっかりと塗ることが重要なのです。

 

 

予防クリームの効果は、肌を保湿して柔らかくすること。

 

 

妊娠線は引っ張られた皮膚の内部が裂けて出来た傷跡です。
保湿して肌に弾力を持たせることで、
引っ張られても裂けない柔軟性を持たせることが出来るのです。

 

 

そのためには、一般的な保湿クリームでも効果はありますが、
妊娠線予防クリームだと、まずは妊婦さんが安心して使えます。

 

 

そして一般的なクリームでは届かない、
肌の真皮部分への深い浸透力も専用品ならではの効果です。

 

 

■妊娠線予防にクリーム以外の方法は?

 

 

肌に潤いを与え妊娠線ができにくい状態にするのがクリームの効果です。
では、クリームでの予防以外の方法はあるのでしょうか。

 

 

もちろんあります。

 

 

保湿は、保湿剤を塗るだけではありません。
水分を摂ることで、体内の水分量を上げて保湿につなげます。

 

 

妊娠すると大きくなる子宮が膀胱を圧迫して頻尿になります。
また、むくみも気になることから、水分を抑える人もいます。

 

 

しかしお腹の赤ちゃんはママから必要な水分をもらっているので、
補充しないと水分不足になってしまうのですね。

 

 

他に、部屋の湿度も関係します。

 

 

冬場は暖房器具を使うので加湿にも気を配りますが、
夏場のエアコンも空気を乾燥させます。
季節に関係なく、湿度にも注意をしておきましょう。

 

 

保湿の他にできる予防としては、
お腹や胸を支えるといった方法があります。

 

 

大きくなり、重力で下に引っ張られることで余計な力がかかります。
そこで胸ならホールド力の高い下着をつけたり、
お腹なら、腹帯、ベルトなどでお腹を支えるようにしましょう。

 

 

双子のママは特にそうですが、
そうすることで前のめりになる姿勢も正せるので、
腰痛予防にもなります。

 

 

■体重コントロールも重要

 

 

そして、妊婦さんがなによりも気になる体重の増加。
実はこの体重コントロールが、妊娠線予防にもつながっているのです。

 

 

風船をふくらませるとき、
思いきり空気を入れてふくらませるといびつな形になったり、
圧力に耐えられなくて破裂したりすることがあります。

 

 

ゆっくり空気を入れるとバランスよく力がかかるので、
きれいな形の風船が膨らみます。

 

 

妊娠中のお腹もこれと似たような力のかかり方をしています。

 

 

体重が急増するということは、
一気に空気を入れるのと同じ影響が体に起こります。

 

 

ゆっくりと体重が増加すると、
力はバランスよくかかるので一箇所に力が集中することがありません。
力が集中しないので、妊娠線にもなりにくいということです。

 

 

・妊娠線予防には専用クリームがいい
・クリーム以外にも保湿が重要
・体重コントロールは妊娠線予防にも効果的

 

 

どうしても妊娠中は何かしらのストレスやホルモンの影響で、
体重の増減はついてまわる問題です。

 

 

そんな体重コントロールが、赤ちゃんとママの健康管理以外に、
妊娠線の予防にも効果があることを知らなかった人もおおいかもしれません。

 

 

ぜひ保湿と体重コントロール、
妊娠初期の段階から継続していってほしいと思います。

 

 

もし妊娠中期、妊娠後期の妊婦さんがこれを知ったとしても、
知ってからが始めどきです。
ぜひあきらめないで実践してください。



後悔しないためにも妊娠中にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ニベアとか普通の保湿クリームで大丈夫でしょ。」
「西松屋やマツキヨの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし はっきりいって運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。


キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・


その点@コスメでも人気のベルタの妊娠線クリームなら初回500円から始められるので始めやすいです。

>>初回500円から始める妊娠線予防クリーム






ともかく 妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。







ぜひ 妊娠初期 から始めてみることをおすすめいたします!







>>産んでからでは遅いかも!?後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

妊娠したら双子だった!!お腹っていつから大きくなり始めるの?
お腹の出方に違いってあるの?双子を妊娠した時のお腹の大きさってどんな風になるの?
お腹の大きさが心配!双子を妊娠した人に聞きたい!お腹ってどれくらい大きくなるの?
お腹が張って苦しい!双子を妊娠したから?どんな妊婦さんもお腹の張りってあるの?
お腹が大きい双子の妊娠の場合、お腹の張りや妊娠線も通常よりひどくなるのでしょうか?
お腹が痛いのは危険?問題ない?双子を妊娠した時のお腹って?
妊娠14週のお腹の様子は?赤ちゃんは?双子だからこその注意ってある?
妊娠2ヶ月のお腹は?赤ちゃんは?双子を妊娠した妊婦さんの様子はどんな?
お腹の大きさが心配・・双子を妊娠するとお腹も二人分大きくなっちゃうの?
お腹がパンパンの妊娠7ヶ月の双子の妊婦さんが注意するべきこととは?
妊娠6ヶ月のお腹はどんな感じ?双子の妊婦さんだからの悩みって?
妊娠3ヶ月の双子妊婦さんのお腹は?赤ちゃんは?ママの様子は?
妊娠4ヶ月の双子の妊婦さんのお腹はどれくらいの大きさになるの?妊婦さんの体調はどうなの?
妊娠5ヶ月のお腹はどんな感じ?双子ママのその頃やっておいたほうが良いことって?