妊娠2ヶ月のお腹は?赤ちゃんは?双子を妊娠した妊婦さんの様子はどんな?

妊娠2ヶ月のお腹は?赤ちゃんは?双子を妊娠した妊婦さんの様子はどんな?

■双子を妊娠 2ヶ月目のお腹の状態は

 

 

不妊治療をしていたり、妊活をして日数チェックしたりしない限り、
一般的に妊娠がわかるのがこの「2ヶ月」頃になります。

 

 

1ヶ月生理が来ない時点でおかしいなって思うでしょう。
2ヶ月も気づかないなんてって思うかもしれません。

 

 

実は、妊娠の経過日数の数え方が独特なのです。

 

 

イメージとして、妊娠は受精卵が着床して妊娠確定な気がしませんか?
妊娠経過日数の数え方は、着床がスタートではないのです。

 

 

妊娠がわかった時点で、妊娠スタート日は最終月経初日になります。
え?その時って物理的に妊娠のにの字もない時期じゃ?ですよね。
でも、そうなのです。

 

 

なので、28日周期の女性が妊娠した場合、
生理予定日に生理が来なくて、一週間後に検査薬で陽性が出たら、
その時には妊娠6週目、妊娠2ヶ月という計算になるのです。

 

 

その時のお腹の中では、受精卵が豆粒くらいに成長していて、
まさにこれからどんどんその存在をアピールしようとしている時です。

 

 

そんな小さな小さな赤ちゃんは、
ママのお腹でどんな様子なのでしょうか。

 

 

■その時の赤ちゃんは?

 

 

妊娠2ヶ月とは、妊娠4週目から7週目までを言います。

 

 

妊娠4週めまでは胎児の元になる胎芽とよばれる時期です。
まだ妊娠検査薬での反応は確実にはでません。

 

 

妊娠5週目になると、エコーで胎嚢が確認されます。
豆粒のような影です。

 

 

妊娠6週目になると心音が確認できる事があります。
そして双子かどうかもだいたいこの時期までにわかります。

 

 

妊娠7週くらいになると、豆粒のようだった赤ちゃんは、
頭、手足、体にわかれ、内臓が大急ぎで作られていきます。

 

 

心音が確認されるといいことが2つ。

 

 

ひとつは、流産の危険が15%から5%くらいまで下がるといわれます。

 

 

ただ双子の場合は、もう少しして赤ちゃんたちが動き出すようになると、
互いに干渉しあって流産の危険が少し上がってしまいます。

 

 

もう一つが、母子手帳をもらいにいけることです。

 

 

今まではなんとなく病院でママになったといわれただけだったのが、
役所で母子手帳をもらうと、一気に気分が変わりますよ。

 

 

■ママが気をつけること

 

 

妊娠2ヶ月のお腹の赤ちゃんの様子はこんなかんじです。
では、ママにはどんなことが起こるのでしょうか。

 

 

まずは言ったとおり、生理が来ないことで妊娠に気づきますね。
その時期を妊娠初期と呼びます。

 

 

妊娠初期は、今までのホルモンバランスが崩れる時期です。
その影響で体調不良や腹痛、頭痛や倦怠感などがでます。

 

 

風邪と似た症状なので、間違って薬を飲んで
後で大慌てするママさんもなかにはいます。

 

そして早い人はつわりが始まりますね。

 

 

この後3ヶ月くらい、安定期に入るまで続くので、
つわりの時の過ごし方を自分なりに見つけてみてください。

 

 

双子のママの場合、つわりも通常よりもつよく出ると言われますが、
科学的な根拠はなにもないのが現状です。

 

 

ただし、二人の赤ちゃんがそれぞれ動いて成長するので、
気分的にはつわりが辛いというママがおおいですね。

 

 

そしてその後出産までの数ヶ月をより快適に過ごすため、
妊娠初期のこの時期から始めたほうがいいことがあります。

 

 

■始めたほうがいいこと

 

 

まだお腹も膨らんでいない、見た目には妊婦さんとはわからない。
こんな時から始めたほうがいいのがスキンケア。

 

 

妊婦さんは様々な要因で肌が乾燥しやすくなります。
乾燥肌は妊娠性湿疹や妊娠線の原因にもなります。

 

 

肌は乾燥すると痒みを引き起こします。
また、乾燥して硬くなった肌はより妊娠線を作りやすいのです。

 

 

痒くなる前に、妊娠線ができ始める前に、
お腹が大きく、身動きが取りづらくなる前にはじめましょう。

 

 

乾燥肌対策には保湿です。
全身をしっかり保湿ケアをすることで、
乾燥が進む前に潤いのある肌にしておきましょう。

 

 

保湿剤は今まで使っていたものでもいいですが、
妊婦さん専用の物もあります。

 

 

専用品は、妊婦さんの悩みの種の妊娠線をよりできにくくしてくれる、
特別な成分と配合で作られた保湿剤です。

 

 

また、保湿は外側から塗るだけではありません。
体内からの保湿も大変効果があります。

 

 

こまめな水分補給とバランスのいい食事で、
体を栄養と水分不足にならないように気をつけましょう。

 

 

・妊娠二ヶ月は妊娠が確定する時期
・赤ちゃんもママも急激な変化が起こる時期
・今から保湿ケアで妊娠線予防しよう

 

 

妊娠2ヶ月と言っても、実際には妊娠してママになったばかり。

 

 

赤ちゃんも早くママに安心してもらいたくて、
大急ぎで成長を進める大事な時期です。

 

 

これから数ヶ月かけて妊婦さんは「ママ」に、
赤ちゃんは元気にママに会えるように大きくなります。

 

 

基本的な成長基準はありますが、
「ママ」と「赤ちゃん」のそれぞれのペースで過ごしてください。
それが、一番いい状態なのですから。



後悔しないためにも妊娠中にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ニベアとか普通の保湿クリームで大丈夫でしょ。」
「西松屋やマツキヨの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし はっきりいって運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。


キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・


その点@コスメでも人気のベルタの妊娠線クリームなら初回500円から始められるので始めやすいです。

>>初回500円から始める妊娠線予防クリーム






ともかく 妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。







ぜひ 妊娠初期 から始めてみることをおすすめいたします!







>>産んでからでは遅いかも!?後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

妊娠したら双子だった!!お腹っていつから大きくなり始めるの?
お腹の出方に違いってあるの?双子を妊娠した時のお腹の大きさってどんな風になるの?
お腹の大きさが心配!双子を妊娠した人に聞きたい!お腹ってどれくらい大きくなるの?
お腹が張って苦しい!双子を妊娠したから?どんな妊婦さんもお腹の張りってあるの?
お腹が大きい双子の妊娠の場合、お腹の張りや妊娠線も通常よりひどくなるのでしょうか?
お腹が痛いのは危険?問題ない?双子を妊娠した時のお腹って?
妊娠14週のお腹の様子は?赤ちゃんは?双子だからこその注意ってある?
お腹の大きさが心配・・双子を妊娠するとお腹も二人分大きくなっちゃうの?
妊娠線予防クリームと体重コントロールで双子ママでも妊娠線予防できる!
お腹がパンパンの妊娠7ヶ月の双子の妊婦さんが注意するべきこととは?
妊娠6ヶ月のお腹はどんな感じ?双子の妊婦さんだからの悩みって?
妊娠3ヶ月の双子妊婦さんのお腹は?赤ちゃんは?ママの様子は?
妊娠4ヶ月の双子の妊婦さんのお腹はどれくらいの大きさになるの?妊婦さんの体調はどうなの?
妊娠5ヶ月のお腹はどんな感じ?双子ママのその頃やっておいたほうが良いことって?