お腹が張って苦しい!双子を妊娠したから?どんな妊婦さんもお腹の張りってあるの?

お腹が張って苦しい!双子を妊娠したから?どんな妊婦さんもお腹の張りってあるの?

■双子でお腹が張って苦しい

 

 

妊娠して月齢が進むと、
妊娠中期を過ぎたあたりからお腹の膨らみも増していきます。

 

 

妊娠の実感が増す中、
お腹の張りが気になりだしますよね。

 

 

妊娠初期のお腹の張りは、ちょっと痛いなぁ、変な感じだな、
くらいの違和感とも言えるようなものでした。

 

 

ところが妊娠中期以降のお腹が出てきてからの張りはちょっと違う。
痛みと共に、時に息苦しさもあったりして。

 

 

妊娠中のお腹の張りは悪いこととは一概に言えません。
それは、お腹が張るのはある意味、自然の流れだからです。

 

 

妊娠が進むと子宮の中で赤ちゃんが大きく育ちます。
赤ちゃんが育つということは、子宮も大きくならないといけません。

 

 

特に双子の場合は、子宮も早く大きくなる必要があるので、
お腹の張りも早く始まり、強さも強くなりがちです。

 

 

子宮は筋肉でできているので、
大きくなろうとすると筋肉はこわばります。
これが「お腹の張り」と言われるものなのです。

 

 

子宮が大きくなるための起こる自然現象なので、
お腹が張る=早産の危険、というわけでもないのです。

 

 

■お腹が張った時の対処方法

 

 

お腹の張りがすぐさま早産の危険につながるわけではないとはいえ、
張ったお腹を抱えて苦しいのは嫌ですよね。

 

 

まず、お腹が張った時は体を横にして安静にしましょう。

 

 

もし横になれない場合は、椅子に座るなどして、
とにかく腹圧がかからないようにして安静にしましょう。

 

 

1時間以内にお腹の張りが治まるようなら問題ありません。

 

 

もし一時間以上たってもお腹の張りが治まらない時は、
念の為に病院を受診したほうがいいでしょう。

 

 

お腹が張っている時間も重要ですが、回数も注意が必要です。

 

 

1日の内、11回以上お腹が張るときも注意が必要です。
最近よく張るなと思ったら、回数も気にしてみてください。

 

 

腹圧をかけないことも大切ですが、
お腹や腰回りが冷えても、お腹は張りやすくなります。

 

 

横になったり、座ったりして安静にしている時に、
お腹まわりを何かで覆ったり、手を当てておくだけでも温まります。

 

 

温めることで緊張して硬くなった筋肉が柔らかくなるので、
辛い時はぜひ試してみてください。

 

 

■お腹がはるときの危険

 

 

お腹の張りがすぐに重篤な症状になるわけではない、
とはいっても、楽観視しすぎるのもよくありません。

 

 

なかなか治まらない、1日に何度も起こるなどといった時は、
一度病院で診てもらったほうがいいですし、

 

 

もし30週をこえていて、一時間に5回以上お腹が張るようなら、
しかもその感覚が短くなっているようならすぐに病院を受診してください。

 

 

その場合は、切迫流産の危険があります。

 

 

お腹が張るというのは子宮の伸縮によるもので、
それは大きくなるためには必要なことですが、

 

 

30週を超える頃には、子宮の肥大も大体終わりに近づくので、
あまり頻繁にお腹が張ると感じるほどの収縮は起こらないといわれます。

 

 

そこに来て頻繁にお腹が張るということは、
妊娠初期、中期の頃とは違った理由で張っていると考えたほうがいいので、
妊娠後期のお腹の張りには注意をしましょう。

 

 

■双子を妊娠した時は特に注意

 

 

今までの流れは、おもに単体妊婦さんに当てはまることで、
双子や三つ子以上の多胎妊婦さんの場合は、もう少し注意が必要でしょう。

 

 

多胎妊婦さんの場合、お腹が張り出すと他の臓器への影響もつよく、
腎臓や消化器系への影響は特につよく現れます。

 

 

また、普段からお腹が固く感じることが多く、
お腹の重さもあるので、張っているのか通常の状態かわかりにくいことも。

 

 

問題ないと思って過ごしていたら、切迫流産の危険が強まって、
そのまま帝王切開で出産になってしまったという妊婦さんもいます。

 

 

腹圧というのは、立ちっぱなしだったり、動き過ぎたりといった
長時間の動作で起こるとは限りません。

 

 

例えばトイレでいきんだ時。
特に便秘の時などは相当の腹圧がかかります。

 

 

多胎妊婦酸の場合、こういったちょっとしたことが大きく影響するので、
普段の食事にも注意が必要です。

 

 

水分を十分に取り、繊維質のあるものを食べて便秘予防をする。
膀胱炎予防のためにもこまめにトイレにいく、冷やさない。

 

 

食べ過ぎて胃を圧迫するとその圧が下へと流れてしまうので、
少量をこまめに摂るようにする。

 

 

腹圧をかけない様な生活をすることが必要です。

 

 

・お腹が張ったら安静に
・張り続けたり頻繁に張るときは病院へ
・普段の生活で腹圧をかけないようにする

 

 

双子を身ごもった妊娠後期の妊婦さんは、身動きが取りづらく大変。
その上で、あと数週間お腹に留めて置かなくてはいけない辛さ。

 

 

あと少しで会えるけど、そのあと少しがとてもつらいんですよね。
お腹の張りは、そんな頑張り過ぎのお母さんへの赤ちゃんからのメッセージです。

 

 

ママちょっとお休みしようよ。
そう赤ちゃんが話しかけてくれているのかもしれませんよ。



後悔しないためにも妊娠中にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ニベアとか普通の保湿クリームで大丈夫でしょ。」
「西松屋やマツキヨの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし はっきりいって運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。


キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・


その点@コスメでも人気のベルタの妊娠線クリームなら初回500円から始められるので始めやすいです。

>>初回500円から始める妊娠線予防クリーム






ともかく 妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。







ぜひ 妊娠初期 から始めてみることをおすすめいたします!







>>産んでからでは遅いかも!?後悔しない妊娠線予防クリーム