妊娠したら双子だった!!お腹っていつから大きくなり始めるの?

妊娠したら双子だった!!お腹っていつから大きくなり始めるの?

■双子 妊娠 お腹 いつから大きくなる?

 

 

妊娠がわかって毎回の検診が楽しみ。
ところが心音を確認すると2つある・・・?

 

 

お腹に双子がいると分かった瞬間の驚きったら無いですよね。
私は一粒で二度美味しい状態!?とか、わけのわからないことを思いました。

 

 

そこからだんだん冷静になって来ると、
次に来るのが心配。

 

 

いっぺんに二人の育児なんて出来るかしら?
お金は足りるかなぁ?ベビー用品どうしよう・・

 

 

そして行き着くところが、お腹ってどれくらい大きくなるの?
でした。

 

 

一人妊娠を単胎といい、双子以上を多胎と言いますが、
お腹の大きさも、やはり単胎と多胎では違います。

 

 

ただ、お腹が大きくなり始める時期は同じくらいで、
安定期前後の妊娠5ヶ月くらいから、
徐々にお腹がふっくらと妊婦さんらしくなっていきます。

 

 

服の上からでもその膨らみがわかるようになると、
赤ちゃんへの愛おしさもどんどん湧いてきて、
気づくとお腹をなでたり話しかけたりしていました。

 

 

■やっぱり通常よりお腹は大きくなるの?

 

 

お腹の大きくなりだす時期は、単胎、多胎どちらも変わらないですが、
お腹の大きさはやはり違います。

 

 

双子の場合を例に上げると、
お腹が膨らみだすとあっという間に大きくなり、
大体経過月プラス2ヶ月くらいの見た目でした。

 

 

妊婦健診で待合室にいると、
「もうじきですか?」と聞かれることが時々ありましたが、
その時はまだ8ヶ月くらいでした。

 

 

ただし、いくら双子だからといって、
単胎妊婦さんの2倍お腹が大きくなるということはありません。

 

 

妊娠中の体重増加で比べると、
平均的な体型の単胎妊婦さんが増加上限10kgだとすると、
多胎妊婦で12〜13kgくらい。

 

 

ちょうど赤ちゃん一人分くらいの差でしかありません。

 

 

赤ちゃんも単胎児が3000gくらいでの出産だとすると、
双生児は2500g弱、三つ子で2000g位になります。

 

 

やはり子宮内の空間にも限界があるので、
単胎児よりかは小さく生まれてくる傾向があります。

 

 

■妊娠線もできやすい?

 

 

そして多胎児妊婦さんでもっとも気になるのが妊娠線だと思います。

 

 

単胎児に比べてお腹が大きく膨らむので、
その分妊娠線もできやすいのは仕方ありません。

 

 

また、徐々に大きくなる単胎児妊婦さんに比べ、
多胎児妊婦さんの場合、中で赤ちゃんたちがそれぞれ成長するので、

 

 

一人ずつは徐々に大きくなったとしても、
合わさることで、お腹への影響は大きくなってしまうのです。

 

 

しかも、妊娠線はお腹だけとは限りません。
足や腕、腰におしりと、妊娠で引っ張られた皮膚があちこちで妊娠線を作ります。

 

 

妊娠で大きく膨らむのはお腹なので、お腹に意識が行きがちですが、
出産後、思わぬところに妊娠線ができていたという人も結構います。

 

 

双子の場合は体の体重増加も単胎児妊婦さんに比べおおいので、
それだけ妊娠線が出来る範囲も広いということになりますね。

 

 

でもできるだけ妊娠線は残したくありませんよね。

 

 

特に多胎児出産の場合は、自然分娩ではなく帝王切開がおおいです。
その傷跡だって残ってしまうわけですから、
傷は少ないに越したことはありません。

 

 

うまくすると、そんな帝王切開の傷跡も薄くしてしまえる方法。
ご紹介しましょう。

 

 

■妊娠線予防って出来るの?

 

 

そんなできやすい妊娠線ですが、
なんとか出来ないように、出来ても少なくする方法は無いのでしょうか。

 

 

帝王切開で出来てしまった傷跡を、
少しでも薄くする方法ってどんな方法なのでしょうか。

 

 

それは、肌の保湿です。

 

 

さっきも言ったように、妊娠線は肌が引っ張られて出来ます。
引っ張られた時、耐え切れなくなった肌が裂けて、その傷跡が妊娠線です。

 

 

つまり、妊娠線も帝王切開の痕も、同じ傷跡ということです。

 

 

ではどのように予防をすればいいのか、
引っ張られた肌が、その力に耐えられる強さを持っていればいいわけですね。

 

 

ただしその強さというのは、引張に反発する力ではありません。
引っ張られる力を受け流せる柔軟性を持つことが重要なのです。

 

 

水分の多いもっちりとしたお餅は引っ張ると伸びます。
そして戻せばまたお餅の塊に戻ります。

 

 

これが水分の足りないお餅は引っ張ると切れてしまい、
別れたものをこねてもひとつになかなかなりません。

 

 

妊娠線ができにくい肌と言うのは、
このお餅のように水分たっぷりの潤いのある肌のことなのです。

 

 

そして帝王切開の傷跡が薄くなる肌も同じです。
肌の伸縮が良ければ、出来た傷跡も小さくなるというわけですね。

 

 

なので、潤い肌を保つためにも、保湿はしっかりする必要があるのです。

 

 

・双子は安定期あたりからお腹が大きくなりだす
・双子は倍まで行かなくてもそれなりにお腹が大きくなる
・妊娠線予防のためには保湿が重要

 

 

一人でも大変な育児が、二人同時となると軽くパニックです。
そんな中、妊娠線やたるんだ皮のお腹のケアなんて満足にする時間はありません。

 

 

なるべく出産前に、予防を十分に行っておきましょう。



後悔しないためにも妊娠中にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ニベアとか普通の保湿クリームで大丈夫でしょ。」
「西松屋やマツキヨの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし はっきりいって運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。


キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・


その点@コスメでも人気のベルタの妊娠線クリームなら初回500円から始められるので始めやすいです。

>>初回500円から始める妊娠線予防クリーム






ともかく 妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。







ぜひ 妊娠初期 から始めてみることをおすすめいたします!







>>産んでからでは遅いかも!?後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

お腹の出方に違いってあるの?双子を妊娠した時のお腹の大きさってどんな風になるの?
お腹の大きさが心配!双子を妊娠した人に聞きたい!お腹ってどれくらい大きくなるの?
お腹が張って苦しい!双子を妊娠したから?どんな妊婦さんもお腹の張りってあるの?
お腹が大きい双子の妊娠の場合、お腹の張りや妊娠線も通常よりひどくなるのでしょうか?
お腹が痛いのは危険?問題ない?双子を妊娠した時のお腹って?
妊娠14週のお腹の様子は?赤ちゃんは?双子だからこその注意ってある?
妊娠2ヶ月のお腹は?赤ちゃんは?双子を妊娠した妊婦さんの様子はどんな?
お腹の大きさが心配・・双子を妊娠するとお腹も二人分大きくなっちゃうの?
妊娠線予防クリームと体重コントロールで双子ママでも妊娠線予防できる!
お腹がパンパンの妊娠7ヶ月の双子の妊婦さんが注意するべきこととは?
妊娠6ヶ月のお腹はどんな感じ?双子の妊婦さんだからの悩みって?
妊娠3ヶ月の双子妊婦さんのお腹は?赤ちゃんは?ママの様子は?
妊娠4ヶ月の双子の妊婦さんのお腹はどれくらいの大きさになるの?妊婦さんの体調はどうなの?
妊娠5ヶ月のお腹はどんな感じ?双子ママのその頃やっておいたほうが良いことって?