増えすぎた体重を減らすには食事をカットするのが一番?妊婦でもできるダイエットって?

増えすぎた体重を減らすには食事をカットするのが一番?妊婦でもできるダイエットって?

■体重管理が辛い。栄養を手軽に取れるサプリの使い方

 

 

妊娠するとお医者さんに注意を受けるのが「体重管理」ですよね。
余計なお世話と思いたいところですが、
実は太り過ぎると出産のリスクが跳ね上がってしまう危険が。

 

 

でも太らないようにと食べる量を控えると、
今度は栄養不足が心配にもなります。

 

 

そこで、不足しがちな栄養素をサプリで補うというのはどうでしょうか。

 

 

サプリを摂取するにあたって、
気をつけておいてもらいたい点がありますが、
そこさえクリアできればこんな心強いものはないですよ。

 

 

注意するべきはそのサプリを飲む前にお医者様に相談するということ。

 

 

サプリは「補助食品」の位置づけなので、成分検証がされていません。
臨床検査もなければ、科学的な効果を示すものが無いのです。

 

 

ですから、たいていのサプリは「妊娠、授乳中は控えてください」
と注意書きがしてあります。

 

 

母体と胎児への影響が不明なため、そのようにされているのです。
もちろん妊婦さん用のサプリもあります。

 

 

葉酸や亜鉛、カルシウムは妊婦さんに必要な栄養素ですが、
それらをただ摂ればいいのではなく、必要な時期があるのです。

 

 

例えば葉酸は妊婦さんに積極的に摂るよういわれる栄養ですが、
妊娠3ヶ月までが最も必要な時期で、1日0.4mgが必要。
1mg以上の摂取は、不眠などの原因になる。

 

 

どうでしょうか。
沢山摂ればその分効果が上がるのかな、と思いがちですが、
きちんと摂取量や必要時期があるのです。

 

 

ですから、妊娠中のサプリによる栄養補給をする時は、
必ずお医者様に相談をして、一番いいとり方を教えてもらってください。

 

 

■ダイエットは注意が必要

 

 

体重管理という言葉から連想するのが「ダイエット」ですよね。
増えた体重は落とさないといけません。

 

 

では、妊娠中もダイエットは出来るものなのでしょうか。
体重管理のために、ダイエットをする必要はあるのでしょうか。

 

 

正解は、○であり?でもあります。

 

 

妊娠中の体重コントロールのため、たしかにダイエットは必要です。
ですが、一般的なダイエットとは異なる方法で行う必要があります。

 

 

例えばサプリを例に取ると、
食べたカロリーを半分にしてくれるダイエットサプリってありますよね。

 

 

ああいったものを使った体重コントロールは?です。
そもそもダイエットサプリに妊娠、授乳中の服用は禁止とありますしね。

 

 

また、食事の回数を減らしたり、
特定のたべものだけを食べると言ったダイエットも?。

 

 

妊娠中に必要な栄養素はサプリで摂ると言っても、
やはり食べ物から自然に摂取するのが一番ですから。

 

 

では、妊婦さんが出来るダイエットとは、
どんな体重コントロール方法になるのでしょうか。

 

 

■体重管理のコツは?

 

 

妊婦さんでも出来る体重管理方法とは、
3食しっかり食べて、間食をせずに早く寝る事。

 

 

妊娠も後期から臨月になると一気に体重が増加します。
一般的な体格の人でも、体重増加の上限は10kg程度といわれますから、
妊娠後期までに10kg近く増えていると完全にアウトです。

 

 

妊娠後期はお産をラクにするため、とにかく動けといわれますが、
妊婦さんが頑張って動いたところでカロリー消費出来るような運動は無理です。

 

 

そのことを考えると、
妊娠初期の段階から体重管理をしていく必要があるということになります。

 

 

特に食べづわりの妊婦さんは要注意です。
少しでも胃が空くと気持ち悪くなってしまうので、
常に何かを食べている状態が続きます。

 

 

そんな時は、低カロリーフードなどを上手に利用して、
摂取カロリーを抑えるようにしましょう。

 

 

また、つわりが収まり妊娠中期になると食欲が増します。
味覚もかわり、揚げ物や味の濃いものが食べたくなります。

 

 

しかしそれらは高カロリーでむくみの原因にもなってしまうので、
なるべく控える、もしくはちょっと食べて、
他のものでお腹を満たすようにしましょう。

 

 

■妊婦さんでも出来るダイエット

 

 

体重を増やさないように、妊娠初期からの体重コントロールは必要ですが、
増えてしまった体重は、どうしたら落ちるでしょうか。

 

 

妊娠中は絶食や食事カットなどのダイエットは出来ないので、
3食食べながらのカロリーコントロールが重要になります。

 

 

例えば、間食をお菓子から食べる煮干しなどに替える。
食べ過ぎ防止の為、食事前に野菜スープを飲む。
口さみしい時は歯磨きをする、など。

 

 

食べながらのダイエットであれば、妊婦さんでも実行可能です。

 

 

ただし即効性は期待できないので、
一度増えてしまったら、出産するまで続けなくてはいけないでしょう。

 

 

・サプリでの栄養補給は可能
・体重管理は妊娠初期から
・ダイエットしていてもきちんと食べる

 

 

妊娠中の体重増加が出産後の体型に大きく影響することから、
妊娠中もダイエットをしている妊婦さんはみかけます。

 

 

体重に気をつけるのはいいことですが、
妊娠中の体重増加の危険は、産後の体型戻りだけではなく、
出産そのもののリスクが高まる危険を軽減するためでもあります。

 

 

体型なんて気にしないという人であっても、
妊娠中の体重管理は気をつけておいてほしいと思います。



後悔しないためにも妊娠中にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ニベアとか普通の保湿クリームで大丈夫でしょ。」
「西松屋やマツキヨの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし はっきりいって運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。


キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・


その点@コスメでも人気のベルタの妊娠線クリームなら初回500円から始められるので始めやすいです。

>>初回500円から始める妊娠線予防クリーム






ともかく 妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。







ぜひ 妊娠初期 から始めてみることをおすすめいたします!







>>産んでからでは遅いかも!?後悔しない妊娠線予防クリーム