はずかしいけどちくびが痒いこれも妊娠中だからのことなの?

はずかしいけどちくびが痒いこれも妊娠中だからのことなの?

■胸の周辺や乳首がかゆいのはなぜ?

 

 

妊娠をしてしばらくすると、ふと気がつくことが一つ。
それは、胸の変化。

 

 

妙に乳首やその周辺が痒くて気になる。
かと言ってかくとちょっと痛い感じもする。

 

 

もっと時間がたつと、なんだか黒ずんでいるようにも見えてくる。
痒いからって無意識にかきすぎた!?と不安になることも。

 

 

実はこの現象、誰にでも起こることなのです。
そして、それはお母さんになるための準備の一つでもあるのです。

 

 

乳首やその周辺が痒くて黒くなるのは、
授乳の準備をしているからなのです。

 

 

本来胸や乳首はとてもデリケートな部分です。
皮膚も薄く、摩擦などの刺激にも本来はとても弱い部分。

 

 

ところが赤ちゃんが生まれるとおっぱいをあげますよね。
1日になんども乳首を吸われ、肌が弱いなんて言っていられませんよね。

 

 

なので、妊娠をすると授乳の準備として乳首と周辺はメラニンが増えます。
そうして肌を強くして吸われることの準備をするのです。

 

 

そして痒みの原因はもう一つ。
妊娠線ができそうになっているからなのです。

 

 

妊娠線ときくとお腹にできるイメージですが、
実はお腹以外にも、体のあちこちで出来てしまうことなのです。

 

 

妊娠線が出来るということは、
その部分の皮膚が引っ張られて断裂したということ。

 

 

妊娠線予備地帯は、その損傷を追う一歩手前の状態。
皮膚が限界まで引っ張られているので痒みがでてしまうのです。

 

 

では、お腹や胸以外に、どんなところに妊娠線は起きやすいのでしょうか。

 

 

■妊娠線はお腹以外にもできる

 

 

そもそも妊娠線とは、体重の増加に伴う体の膨らみが、
皮膚に負担をかけて起こる傷跡のようなものです。

 

 

その肌への負担ということで考えれば、
お腹の膨らみはその代表とも言えますよね。

 

 

では他にあんなに膨らむ部分は無いのに、
なぜ全身で起こる可能性があるのでしょうか。

 

 

それは体重の増加の仕方によります。

 

 

ゆるやかに増加する人は、妊娠線もできにくいといいます。

 

 

逆に通常時よりも急激に太ってしまった妊婦さんの場合、
その妊娠線の出る部分はかなり広範囲に及ぶといいます。

 

 

それは、お腹の赤ちゃんのために体のあらゆるところに栄養が貯蔵されるからで、
急激に太った人の場合、その貯蔵の仕方も急に行うので、
肌がその変化についていけずに傷になってしまうのです。

 

 

そしてそれらが出やすい部分というのが、
お腹、おしり、太もも、腕、胸などに出やすいといいます。

 

 

どこも妊娠するとふっくらしだす部分ばかりですよね。
そして妊娠中の痒みの出る場所でもあるのです。

 

 

痒みと妊娠線には、実は密接な関係があったのです。

 

 

■かゆみ予防が妊娠線予防にもなる

 

 

痒みが出る原因は、肌の乾燥と皮膚のつっぱりです。

 

 

妊娠前はオイリー肌だった人も、妊娠すると乾燥しやすくなる。
これは、栄養と一緒に水分も赤ちゃんに奪われてしまっているから。
そしてむくみ対策として水分摂取を控えることも原因になっています。

 

 

肌に十分な水分量があればそれは肌の潤いにつながります。
潤いのある肌と言うのは弾力のある肌のことです。

 

 

多少の刺激にも対応できる、柔軟性のある肌が弾力のある肌ですね。

 

 

ところが水分量が足りていない乾燥した肌の場合、
大きくなるお腹や体全体の肌が引っ張られることで傷つきます。

 

 

傷が付けばそれが妊娠線になりますし、
傷は炎症をおこすので、その炎症のせいで痒みもでてしまうのです。

 

 

痒みを抑えるためには保湿をするようにいわれますが、
十分な保湿は、かゆみ以外にも妊娠線の予防にもつながるのです。

 

 

■おすすめの妊娠線予防品

 

 

では、普段から使っていた保湿用のボディークリームでいいのでしょうか。
悪くはありません。
何もしないよりは、保湿ケアしたほうが断然いいです。

 

 

ただし、それがベストのケアではありません。

 

 

どういうことかというと、
妊娠線を予防するための保湿ケアと言うのは、
肌の表面だけでは足りないからなのです。

 

 

むしろ、表面より奥の真皮やその奥まで届くようなものでないと
本来の妊娠線予防としての意味が無いのです。

 

 

妊娠線は、表面の表皮の下の真皮や皮下組織が断裂することで、
表皮から裂け目の毛細血管がすけて見えることで起こる現象です。

 

 

なので、表皮の保湿を一生懸命やるのではなく、
真皮や更に奥に潤いを届ける必要があるのです。

 

 

そのためには、通常の保湿剤よりも、
妊娠線ケア専用の保湿剤をつかったほうがより効果があるのです。

 

 

・体に起こるかゆみは乾燥の証拠
・さらに痒みは妊娠線予備地帯でもある
・どちらも防ぐには専用品を使うようがいい

 

 

そうはいっても毎日全身にたっぷり使うことを考えると、
自分が納得できるものを使用するのが一番です。

 

 

香り、つけ心地、コスト面など様々な問題をクリアした納得のもの。
それを日々の保湿ケアにつかってください。



後悔しないためにも妊娠中にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ニベアとか普通の保湿クリームで大丈夫でしょ。」
「西松屋やマツキヨの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし はっきりいって運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。


キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・


その点@コスメでも人気のベルタの妊娠線クリームなら初回500円から始められるので始めやすいです。

>>初回500円から始める妊娠線予防クリーム






ともかく 妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。







ぜひ 妊娠初期 から始めてみることをおすすめいたします!







>>産んでからでは遅いかも!?後悔しない妊娠線予防クリーム