おへそやその周辺が痒い!妊娠中っておへそが痒くなるものなの?

おへそやその周辺が痒い!妊娠中っておへそが痒くなるものなの?

■おへそがだんだん痒くなってきたのはお腹が張ってきたから。

 

 

妊娠して、大きく変わるのはお腹の大きさですよね。
徐々に大きくなるお腹をさすりながら、赤ちゃんの成長を実感する。

 

 

そのお腹の真ん中にあるのが「おへそ」。
このおへそが、お腹が大きくなるとだんだん痒くなってくること無いですか?

 

 

でも触ってみるとなんだか他とちょっと違う感覚。
そこだけ敏感というか、ぽりぽりっとかこうものならピリッと痛みが。

 

 

これって実は妊娠線の出る兆候なのです。

 

 

妊娠線については次でくわしく説明しますが、
妊娠中は赤ちゃんに揚げるための栄養を体中で確保しようとします。
すると当然、体は妊娠前より大きく膨らみます。

 

 

これ自体は悪いことではなく、むしろ多少の増量は必要なものなのです。
が、この貯蓄の仕方や、その時の肌のコンディションによっては、
「妊娠線」という最悪の勲章が残ってしまう可能性も。

 

 

そしてその勲章の予定地には、必ずと言っていいほど痒みが出るのです。

 

 

お腹、特におへその周辺は体中で一番伸びる部分と言っていいですよね。
そのためにお腹が貼りだすとおへそが痒くなっていたのです。

 

 

■皮膚が伸ばされる妊娠線の初期症状

 

 

では、妊娠線の初期症状であるかゆみとの関係をもう少しくわしく説明します。
仕組みがわかると、対策もとれますからね。

 

 

先に言った通り、妊娠線とは皮膚が伸びたことによって起こる現象です。

 

 

皮膚は、表面の表皮、すぐ下の真皮、内側の皮下組織で成り立っています。
妊娠中に体が大きくなることで影響をまず受けるのが皮下組織です。
ここが栄養を貯め、組織単位で膨らんでいきます。

 

 

すると皮下組織を覆う真皮が下から持ち上げられ押し広げられます。
この時の圧力が痒みになって起こっているのです。
つまり、痒みを感じたところは、妊娠線になる可能性のある部分というわけ。

 

 

その後圧力に耐えられなかった真皮は断裂を起します。
しかし、この時に表皮にはなんの異変も無いので、表面上は変化がありません。

 

 

真皮の断裂した部分は毛細血管が丸見えになります。
それを表皮から見た場合、稲妻のような、スイカの柄のような断裂跡が、
赤紫色になって透けて見える、これが妊娠線なのです。

 

 

予防方法は2つ。
圧力に負けない弾力性を肌に持たせること。
体重の増加をゆっくりにすること。

 

 

肌の弾力を持たせるには保湿が一番。
それも、真皮まで届くためにはやはり妊娠線予防専用のものがいいでしょう。
乾燥肌はそれだけで痒みの原因にもなりますからしっかり保湿しましょう。

 

 

そして体重コントロールですね。
一気に膨れた風船が破裂するように、
急激な増加は肌にも体にも影響が大きいものです。

 

 

体重の増えすぎも注意ですが、
体重の増え方にも注意をしてみてください。

 

 

■お腹が大きい時は案外妊娠線に気づかない

 

 

そして案外盲点なのが、「妊娠中は妊娠線に気づきにくい」ということ。
妊娠中にできるから妊娠線なのに、妊娠中は気づかないってどういうことでしょう。

 

 

妊娠線は、早い人だと5ヶ月くらいからでき始めます。
ですがその時期はまだまだ体の膨らみも中途半端です。

 

 

妊娠後期、臨月と一気に体は大きくなります。
つまり、出来た妊娠線が更に広げられてしまい、薄くて見えづらい。

 

 

ちょっと前までここに妊娠線らしきものがあったのに消えた!
なんて喜んでいたのは、だれでもない私です。

 

 

妊娠線って消えるのねぇなんてのんきに予防クリームをお腹に塗っていた、
できればあの時の私に言ってやりたいくらいです。
「消えたんじゃなくてさらに広がったんだ!」と。

 

 

私は大きな誤解をしながらもクリームは塗り続けていたので、
被害(?)は最小限にとどまりましたが、
例えばこれば気づかないままで出産まで言ってしまったらどうでしょう。

 

 

出産を終えて、悪露もでた数週間後、
鏡の前の自分の体に愕然とする羽目になるかもしれません。

 

 

妊娠中は気づかないところでも大きく変化していっています。
私は大丈夫、ではなく、何かあったら大変と思って日々のケアをしてください。

 

 

■人によってはおへそがなくなる!?

 

 

ちょっと怖い話をしましたが、
さらに怖いお話をしたいと思います。

 

 

実は妊婦さんによっては、妊娠中おへそがなくなってしまうことがあるのです。
どういうことなのでしょうか。

 

 

妊娠して一番膨らむのはお腹だと言いました。
なので、妊娠線もお腹まわりを中心に気にする人が多いですね。

 

 

でも、お腹まわりであって、お腹の中心ではないのです。
そう、おへそに妊娠線は出来ないのですよ。

 

 

なぜか、おへそは赤ちゃんとつながる大切な器官です。
そこが大きくなったからといちいち皮膚だダメージを追っていては大変。
かと言って、最優先に修復して回るわけにもいかない。

 

 

そこで、おへそは予め皮を余分に蓄えているのです。

 

 

小さいころへそのゴマとりしませんでしたか?
おへその内部はひだ状になっていて、その間に黒い汚れが付いている。
これを綿棒などでかきだすと、お腹の中を触っているような不思議な感覚になる。

 

 

妊娠すると体全体の皮が広がり、大きくなる体を必死でおおいます。
ですが、私のような双生児以上になると皮も限界になってしまうことがあります。

 

 

そんな時、おへその中の皮が内側から現れて、
最後のひと踏ん張りをしてくれるのです。

 

 

なので妊婦さんによっては、おへそがなくなってしまう人もいるのです。
それ程に、妊娠中の皮膚の伸縮は大切だということですね。

 

 

・痒みは妊娠線の前兆
・保湿と体重コントロールが鍵
・おへそは最後の砦だった

 

 

人の体は本当にうまく出来ています。
自然に起こることには、きちんと対応するだけの準備がなされているのです。

 

 

そこにすこし手を添えてあげれば、より素晴らしいものを得ることが出来る。
可愛い赤ちゃんと出産前と同じハリツヤの肌。

 

 

手に入れたかったら、早いうちから肌ケアと体重コントロールです!



後悔しないためにも妊娠中にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ニベアとか普通の保湿クリームで大丈夫でしょ。」
「西松屋やマツキヨの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし はっきりいって運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。


キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・


その点@コスメでも人気のベルタの妊娠線クリームなら初回500円から始められるので始めやすいです。

>>初回500円から始める妊娠線予防クリーム






ともかく 妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。







ぜひ 妊娠初期 から始めてみることをおすすめいたします!







>>産んでからでは遅いかも!?後悔しない妊娠線予防クリーム