全身あちこち痒い!妊娠中の体の痒みは一体なぜ起こるの?

全身あちこち痒い!妊娠中の体の痒みは一体なぜ起こるの?

■体が痒くなった気がする。これってアトピー?

 

 

始めて妊娠がわかってから、様々な変化が体に起きてきましたよね。
体が痒くなるのもそのうちの一つだと思います。

 

 

虫さされや何かにかぶれたわけではなく、
なんとなく全身が痒くて痒くて。

 

 

よく見るとうっすら赤みやポツポツが合ったりもして。
もしかしてアトピー!?

 

 

もともとアトピーだった方を除けば、
妊娠中の痒みはアトピーとは言い切れません。

 

 

我慢できないほど痒い。
思わずかきむしってしまい血が滲んでしまう時も。

 

 

そんな強いかゆみの場合は、妊娠性皮膚そう痒症という病気かも。
強いかゆみと、時に水疱が出来てそれをかき潰すことで更に広がります。

 

 

他に、2度目以降の妊婦さんに多いのが妊娠性湿疹。
こちらも強いかゆみと赤い湿疹が出るのが特徴的です。

 

 

どちらにしても、我慢できないほどの痒みや、
時に痛みが伴うような場合は病院で診てもらってください。

 

 

その痒みが直接赤ちゃんに影響しないかもしれませんが、
掻きむしることで傷になったり、そこから化膿したり、
また、掻くことを我慢するのもストレスになってしまいますからね。

 

 

■かゆみの原因は乾燥だった!

 

 

病院に行きほどではなく、アトピーでもない。
でもなんだか全身が妙に痒いという人。

 

 

それは、肌が乾燥しているからかもしれません。

 

 

えー、私乾燥肌じゃないけど!
という方も安心は出来ません。

 

 

妊娠中は栄養とともに体中の水分も赤ちゃんに分け与えています。
そのため、食事と同じように水分も積極的に取る必要があるのです。

 

 

しかし水分は摂り過ぎるとむくみの原因になるため、
むしろ控えている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

 

 

そうすると体が水分不足になり、
お肌も潤いをなくし乾燥肌になってしまうのです。

 

 

乾燥した肌というのは、カサついていますよね。
それは表面の角質が皮膚を覆わずに反ってしまっているからなのです。

 

 

そしてその反った角質のすき間から、更に水分は蒸発し、
外からの刺激を受けて肌は軽い炎症を起します。

 

 

それが痒みの原因になっていたのです。

 

 

冬は空気が乾燥して、肌もカサカサと白い粉が浮くことがありますよね。
妊娠中は常にあの状態だと考えてください。

 

 

■乾燥をほうっておくと恐ろしいことに

 

 

そんな乾燥肌ですが、
病気じゃないなら、とほうっておくと恐ろしいことになってしまうのです。

 

 

それは、妊娠線です。

 

 

妊娠線は、妊娠で大きくなったお腹に出来るもので、
肌の状態とは無関係だと思っていませんか?

 

 

実は3割の妊婦さんには妊娠線が出来ないということがわかっています。

 

 

女優さんやモデルの方が、出産後に抜群のスタイルを披露したりしますよね。
そんな時、妊娠線のある人はほとんどいないと思います。

 

 

お金をかけてケアをした、お化粧で消している、色々と考えられますが、
でも3割の方は実際に妊娠線ができなかったと聞くと、
やっぱり同じ女性としては、その理由を知りたいですよね。

 

 

実は、肌の乾燥がポイントだったのです。

 

 

肌が乾燥して弾力をなくすと、伸縮性が落ちます。
焼く前のピザ生地は伸びるけど、焼いた後は切れるみたいなイメージ。

 

 

妊娠して膨らむのはお腹だけではありません。
お腹に引っ張られて付け根や太もも、おしりにも出来ます。
腕や胸に出来る人もいます。

 

 

妊娠中、全身がふっくらとするということは、
当然全身の乾燥予防が必要になるということですね。

 

 

乾燥肌ケアということは、やるべきことは保湿です。
それも、なるべく浸透率がよく、肌が柔らかくなるものがいいです。

 

 

全身にたっぷり使うので、伸びが良くてべたつかない。
そして忘れてはいけない、コスパも選ぶ上では重要ですよね。

 

 

■おすすめの保湿方法は?

 

 

そんな美味しいところだらけの保湿剤なんてあるのでしょうか。
実はあるのです。

 

 

それが、妊娠線予防の保湿剤なのです。

 

 

乾燥によって出来る妊娠線だから、
妊娠線予防をすることで、つまりは乾燥肌ケアをしているというわけ。

 

 

しかも肌を柔らかくして弾力をもたせ、
内側からかかる圧力にも耐えられる潤い肌にすることが目的なので、
炎症が原因で起こっていたかゆみ対策にもばっちり!

 

 

そして保湿剤以外の保湿方法としては、
やはりお風呂が一番ですね。

 

 

夏場は特に体の自由もききづらいし、暑いし面倒だしと
シャワーで済ませてしまうことが多くないですか?

 

 

それだと表面を水分が撫でるだけになってしまうので、
せっかくですからお湯に使って、普段手の届かないところの保湿もしましょう。

 

 

そしてお風呂あがりにいつもの保湿ケアをするとこで、
潤いを閉じ込める効果的なケアが出来るというわけですね。

 

 

これらのケア、実は肌が痒くなってから、お腹が出だしてから行うより、
妊娠がわかった時点で始めるほうがより効果的なのです。

 

 

痒くなる、お腹が膨らむ、
その時にはもう肌の保湿は失われているのです。

 

 

いくら保湿ケアをしても、
ケア後すぐに肌に弾力が出るわけでないですよね。

 

 

痒みやお腹の膨らみと言った兆候が出る前にケアをする。
すると、肌が乾燥することがなくなるので痒みがでない。
妊娠線もでない。

 

 

結果、何事も起きずに出産まできてしまったわ!
なんていう、すばらしい結果がまっているわけですよ。

 

 

・妊娠中の痒みは乾燥が原因
・乾燥肌は妊娠線の原因にも
・なるべく早い段階から保湿ケアをしましょう

 

 

妊娠後、出産があって育児が待っています。
子育て中はあまり自分に構えないことが多いですから、
ちょっとでも余計なケアは無い方がいいですよね。

 

 

妊娠中に保湿をしっかりして、痒みや妊娠線対策をしておけば、
出産後にその跡を消すためのホワイトニングケアは不要です。
その分全力で赤ちゃんのお世話が出来ます。

 

 

きれいなお母さんでいるためにも、
ぜひ妊娠中の肌ケア、頑張ってみてください。



後悔しないためにも妊娠中にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ニベアとか普通の保湿クリームで大丈夫でしょ。」
「西松屋やマツキヨの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし はっきりいって運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。


キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・


その点@コスメでも人気のベルタの妊娠線クリームなら初回500円から始められるので始めやすいです。

>>初回500円から始める妊娠線予防クリーム






ともかく 妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。







ぜひ 妊娠初期 から始めてみることをおすすめいたします!







>>産んでからでは遅いかも!?後悔しない妊娠線予防クリーム