なんだか太ももが痒い!これって妊娠中なら起こる当たり前のことなの?

なんだか太ももが痒い!これって妊娠中なら起こる当たり前のことなの?

■太ももだけ痒くなるのは妊娠中だけ?

 

 

腕とか背中とか、妊娠するとお腹が痒くなるなんて話はよく聞きます。
特に冬場は乾燥がひどくて掻いたところから粉が浮くことも。

 

 

ところが、部分的に痒くなるなんてことあるのでしょうか。
背中が痒い!ではなく、右肩甲骨付近だけが痒い!とか、
腕が痒い!んじゃなくて、肘のちょい上だけが痒い!みたいな。

 

 

時にそういう人もいるかもしれませんが、
妊娠中、太ももが妙に痒い!という人は結構いるのです。

 

 

普段でも、手の甲や首周りなどは乾燥して痒くなる時がありますよね。
でも「太ももだけ」っていうのはあまり聞きません。

 

 

ですが妊娠中となると話は別です。

 

 

思わず太ももをバリバリと掻きたくなったり、
おしりとの境のあたりがムズムズしたりと違和感が。

 

 

結構広範囲に痒くなることもあり、
ふくの上から掻いていて、後で見ると真っ赤になってたり、
ミミズ腫れみたいな状態になっていることも。

 

 

どうして妊娠中は太ももが痒くなるのでしょうか。

 

 

■どうして太ももが痒くなるの?

 

 

妊娠中のかゆみの原因は、その大体が乾燥肌にあります。

 

 

妊娠するとお腹の赤ちゃんに体の水分を与えてしまうので、
よほど積極的に水分補給しないと、体が水分不足になります。

 

 

むくみを気にして水分を控えている方もいるかもしれませんが、
これは逆効果。

 

 

大量に水を飲めばむくみますが、妊娠中のむくみの大半は塩分過多が原因。
味の濃いもの、外食で済ませるなんてことが続くと、
あっという間にむくみます。

 

 

そこに水分が付属していると、さらにむくみがひどくなることも。
むくみ予防、乾燥予防のためにも、水分は十分にとりましょう。

 

 

そして太ももが痒くなる原因その2が、妊娠線と関係しています。

 

 

妊娠すると体は大きくなります。
特にお腹は赤ちゃんの成長にともなって見たこと無い大きさになりますよね。

 

 

その時にお腹の皮が伸びた跡が妊娠線なわけですが、
足の付根からきっちり別れて、お腹の皮だけが伸びるわけではないですよね。

 

 

大きく前に突き出たお腹のそのすぐ下にあるのが「太もも」です。
そう、太ももの皮もお腹の成長とともに引っ張られているのです。

 

皮が引っ張られている刺激が「痒み」として現れているので、
太ももの痒みは妊娠が進む段階で出てきやすい現象なのです。

 

 

太ももの他に、腰やおしり、腕なども痒みが出やすい場所です。
理由は太ももと同じで、腰・おしりはお腹が出るから。
腕は胸が張ってくることによる影響が出やすい箇所になります。

 

 

■妊娠線予防すれば痒みも収まるの?

 

 

乾燥肌が痒みを起こす。
痒みが起きたところは妊娠線が出やすいところ。

 

 

では、妊娠線予防をすれば痒みが落ち着き、
痒みが落ち着くということは乾燥肌の改善につながるということでしょうか。

 

 

そして乾燥肌が改善されれば、
肌に弾力がでて結果、妊娠線予防にもつながる。

 

 

乾燥と痒みと妊娠線の関係性ってすごいですね。

 

 

ということで、妊娠中のかゆみ対策として妊娠線予防を行うといいわけですが、
妊娠線予防ということは、要は肌奥まで届く保湿をするということ。

 

 

一般的な保湿剤は表面的な潤いには効果的ですが、
妊娠中に必要な保湿はもっとおくまで届かないと意味が無いのです。

 

 

もちろん水分は積極的に取らないといけませんが、
全身の保湿をクリームやオイルなどで行うことも重要。

 

 

全身を毎日ケアするのはとても大変です。
そしてコストもかかります。

 

 

妊娠線予防ケアと言うのは、即効性を期待するものではないので、
高価なものを少しずつ使うよりは、
手頃なものを毎日、たっぷりつかって行うほうが効果的です。

 

 

使い心地や香りなどの他に、手軽さというのも気をつけてみてください。

 

 

■どうしても掻いてしまう時は

 

 

毎日の保湿はしているのに痒みが止まらない。
だけど病院で診てもらっても病気ではないといわれた。

 

 

こんな時、保湿とあわせて行っていったほうがいいことがあります。

 

 

1. 手の爪を短くしておく
どうしても掻いてしまうということは、
無意識でかいているということもありますよね。

 

 

気づいたら掻いていた、寝ている間に掻いていたなど、
自分で止められない痒みが起こっているということです。

 

 

そんな時は、掻いた跡が傷にならないように爪を短くしておきましょう。
刺激はさらなる痒みを読んでしまうので、
なるべく刺激を少なくし、爪で皮膚を痛めないための予防策です。

 

 

2. 叩く
掻くよりもピンポイントでの刺激が少ないのは叩く!
叩くことで皮膚が痛みを感じて痒みを鈍くさせます。

 

 

ただし、痛みを感じるためとはいえ、おもいっきり叩く必要はありません。
軽くペシペシと叩くだけで十分に痒みを軽減できます。

 

 

3. 患部を冷やす
痒みがひどいところは炎症を起こし熱を持っています。
局部的に冷やすことで、炎症を抑え痒みが引いていきます。

 

 

冷やし過ぎはかえって良くないので、
氷や保冷剤を直接ではなく、タオルでくるんでしばらくあててみましょう。

 

 

他にも、下着を化繊から綿にかえたり、
ボディーソープやシャンプーを低刺激のものに替えたりする方法もあります。

 

 

・太ももが痒いのは妊娠が順調に進んでいるから
・お腹が大きくなると全身の皮膚が引っ張られる
・引っ張られると痒みが起こる

 

 

妊娠という幸せな事実の裏には、
壮絶なかゆみという現実が待っていました。

 

 

でも傷だらけでぼろぼろなお母さんにならないために、
毎日少しずつでも、保湿ケアをしていってください。



後悔しないためにも妊娠中にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ニベアとか普通の保湿クリームで大丈夫でしょ。」
「西松屋やマツキヨの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし はっきりいって運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。


キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・


その点@コスメでも人気のベルタの妊娠線クリームなら初回500円から始められるので始めやすいです。

>>初回500円から始める妊娠線予防クリーム






ともかく 妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。







ぜひ 妊娠初期 から始めてみることをおすすめいたします!







>>産んでからでは遅いかも!?後悔しない妊娠線予防クリーム