手足にお腹にブツブツが!妊娠中の痒い湿疹はどうにかならないの?

手足にお腹にブツブツが!妊娠中の痒い湿疹はどうにかならないの?

■湿疹がでる病気?

 

 

妊娠中は肌が乾燥しやすくなるので痒みが出やすいですよね。
なんとなくカサカサしていて、なんとなく全身が痒い、みたいな。

 

 

そんな妊娠中の痒みは、見かけではあまり変化が無いので、
掻いた後に赤い筋が入ってみっともない、なんて思うことがありますね。

 

 

ところが、妊娠中特有の痒みで、
赤みや湿疹が出るものもあるのです。

 

 

あまりに強いかゆみや、時に痛みが出ることもあることから、
きちんと病名がついていて、薬を処方されることもあります。

 

 

妊娠中はホルモンバランスが通常と違うために起こってしまう症状ですが、
だからといって妊婦さん全員が必ずかかる病気でもありません。

 

 

病気の特徴や原因と、
それらの病気にかからないようにするための予防策を説明していきましょう。

 

 

予防することで必ずかからないというわけではありませんが、
病気になりにくくなったり、病気になっても軽くて済むようにはなれるはずです。

 

 

■妊娠性湿疹って?

 

 

まずは、痒みと湿疹が出るものから説明しましょう。

 

 

病名を「妊娠性湿疹」といいます。
名前の通り、妊婦さんがかかる皮膚疾患です。

 

 

特徴は湿疹や水ぶくれと、強いかゆみ。時に痛みも伴います。
手足を中心に湿疹が広がります。

 

 

初産婦さんよりも経産婦さんに多く、
一度かかると次の妊娠でも発症しやすいので厄介です。

 

 

基本的には出産により症状は沈静化しますが、まれに収まらない人も。

 

 

とにかく痒みがひどくかきむしってしまいがちですが、
湿疹や水ぶくれが潰れてあとになりますし、
化膿するなどして二次被害を起こしかねないので、掻くのは極力我慢です。

 

 

妊婦健診の時などに婦人科の先生の相談をすると、
皮膚科医の紹介状をくれるので、そちらで診てもらってください。

 

 

処方されるのは普通の痒み止めなどと同じ薬ですが、
妊娠中でも安心して使えるものを処方してもらいましょう。

 

 

また、治療以外の普段の生活の中では、
痒みがでたら保冷剤で冷やしたり、水で流すなどして掻かないようにしましょう。

 

 

薬が心配な人は、よもぎのお茶やよもぎ成分の入浴剤を使うのも方法です。

 

 

ただしお茶をのむ場合は、飲み過ぎに注意してください。
よもぎ茶の成分は、妊娠中に必要な鉄分や葉酸の吸収を妨げる作用があります。

 

 

■PUPPPって?

 

 

次に考えられるかゆみの病気は、「PUPPP」です。

 

 

症状的には、妊娠性湿疹と変わりませんが、
症状がお腹を中心に広がり始めるところが違います。

 

 

妊娠後期のお腹がぱんぱんに張っているところに、
このPUPPPにかかってしまうと、大変な苦しみに襲われるそうです。

 

 

私は妊娠性湿疹もPUPPPもかからずにすみましたが、
それでも妊婦特有の痒みにだいぶ悩まされました。

 

 

特に張りに張ったお腹が痒くなると、
ついつい掻いてしまうのですが、皮が薄いせいかちょっと爪が当たるだけで
切れるように痛い思いをしました。

 

 

PUPPPの場合、その痒みは乾燥肌による痒みの比ではなく、
気が狂いそうになるようなかゆみ、と表現する人も少なくありません。

 

 

こちらもやはり皮膚科での診察を受け、
適切な治療をすることが重要となります。

 

 

どちらの症状にしても、
猛烈なかゆみが起きた時は、まず病院へ行きましょう。

 

 

「たかがかゆみでしょ?大げさな」
そんなこと言う人の意見はきく必要ありません。

 

 

ただでさえ妊娠中で体が思うようにならない時に、
かゆみであってもストレスになるようなことは徹底的に排除すべきなのです。

 

 

■予防と対処法は?

 

 

病院へ行って詳報してもらい、治療の方法はあるとわかっても、
できたらかかりたくないですよね。

 

 

そこで予防と、もしかかった時の対処方法を見てみましょう。

 

 

まずは予防方法ですが、
何よりもまずは「保湿」が第一です。
しっかりと保湿ケアをすることで、痒みを軽減することも出来ます。

 

 

次に、日常の刺激から守るということ。
下着や洋服で体を締め付け過ぎない。
ボディーソープやボディーブラシでゴシゴシと洗い過ぎない。

 

 

化繊が肌に合わなくなることもあります。
下着や洋服はすぐに思いつきますが、寝具なども影響があるので気をつけましょう。

 

 

そして、もし激しい痒みや湿疹が出来てしまったら。
すぐに婦人科の先生に相談するが、
信頼できる皮膚科の先生の診断を受けましょう。

 

 

妊娠中は、使えない成分や、濃度を抑えなくては行けない薬などがあります。
婦人科の先生からの紹介ならば、先生同士で情報交換してくれます。

 

 

かかりつけ医や知人の紹介などの時は、
なるべくくわしく、経緯や現在の状況を説明しましょう。

 

 

そして薬を処方してもらう時には、
再度妊娠中であることをきちんと伝えるようにしましょう。

 

 

激しい痒みにステロイドを処方されるかもしれませんが、
巷で噂されているような、赤ちゃんに良くないと言ったことはありません。

 

 

もちろん処方の際の用法用量をきちんと守ればということですが、
耐え難い痒みを耐えるストレスを赤ちゃんにかけるくらいなら、
影響のない薬で少しでもストレスを緩和するようにしてみてください。

 

 

・湿疹などがでる妊婦特有の病気がある
・皮膚科で治療が可能
・用法用量を守れば処方薬は効果的

 

 

妊娠中は、自分の一挙手一投足がすべてお腹の赤ちゃんに直結すると考えると、
何をするにも慎重にならざるをえません。

 

 

ですが、慎重になりすぎて逆に赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともあります。
それが、お母さんの受けるストレスです。

 

 

赤ちゃんを思い我慢をする。
赤ちゃんのためにつらい思いをする。

 

 

必要なことですが、過剰になりすぎると赤ちゃんのためになりません。

 

 

お母さんも自分を労って、
お腹の赤ちゃんと笑顔で毎日を過ごしていってください。



後悔しないためにも妊娠中にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ニベアとか普通の保湿クリームで大丈夫でしょ。」
「西松屋やマツキヨの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし はっきりいって運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。


キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・


その点@コスメでも人気のベルタの妊娠線クリームなら初回500円から始められるので始めやすいです。

>>初回500円から始める妊娠線予防クリーム






ともかく 妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。







ぜひ 妊娠初期 から始めてみることをおすすめいたします!







>>産んでからでは遅いかも!?後悔しない妊娠線予防クリーム